ファクタリングの仕組みを徹底解説

資金調達の手段として近年注目される「ファクタリング」とは何か?その仕組みやメリット・デメリットなどを解説!ファクタリングサービス各社の特徴や評判もご紹介します。

詳細を読む

ファクタリング取引では取引先に対して有する売掛金債権を売買して現金化します。売掛金債権などを利用して現金を調達する方法に、ABL(売掛債権担保融資)という取引形態も存在しています。取引対象が同じで資金調達に活用されるなど、類似点が多いですが...

詳細を読む

ファクタリング会社を利用する事例の大半は、運転資金を工面するためのつなぎ融資の代替にあります。仮に銀行や事業向け融資を手がける金融機関などを利用するときには、金利や審査などの点で注意を払うこととでしょう。金利が高ければ返済額も返済期間も長く...

詳細を読む

何らかの事業活動を行っている場合の収益源には不動産賃貸収入や有価証券や為替取引などの投資からリターンを原資とする場合もありますが、収益源のほとんどは事業活動の対価として支払われる売上げなどで賄われています。
事業活動は営利を目的に活動している以上、売上げなどの対価を現金にしてさらに次回の取引行為や商品の生産などにつなげていくことで事業活動の継続性が維持され、取引先への支払いや従業員などへの人件費を工面することが可能になります。

ATM入金

しかし取引の相手方などからタイミングよく入金などが行われるとは限りません。
建設業や製造業などの業種によっては入金までの期間が数ヶ月にわたることもありえます。
潤沢なキャッシュのストックがあればともかく、運転資金の工面に奔走する経営者の方も珍しくありません。
このように売掛金の支払日より先の期日でも旺盛な資金需要があるのは確かです。
ファクタリングとは資金調達をサポートする事業のことです。

つまりファクタリングという手段は、売掛金債権をファクタリング会社に買い取ってもらって対価として現金を受け取る取引のことを指します。
ファクタリング会社は支払期日が到来すると、売り掛け先から現金の支払いを受けて取引は完結します。
ただし、売掛債権は券面額100%で買い取られるわけではなく、売り掛け先からの現金回収のリスクに応じて設定された手数料が控除された部分の現金を得ることになるのです。
手数料はファクタリング会社によりまちまちで、ファクタとリング取引の形態によっても違いがあります。

ところでファクタリング取引の仕組みには、2社間と3社間の二つの形態に分けることができます。
売掛金債権を売買すると、売り掛け先としては本当の債権者が誰なのか不明になると二重払いのリスクを負うので、ファクタリング取引の当事者として、売掛金債権が売買された事実を認識するのが妥当です。
従ってファクタリング取引の原則的仕組みは、利用者とファクタリング会社に売り掛け先が関与する3社間取引になります。

しかしファクタリング取引を利用している事実は、取引先に資金繰りが悪化しているとのイメージを与えることになり、今後の事業活動に悪影響が生じるリスクは否定できません。
そこで売り掛け金を有する取引先にファクタリング取引を利用した事実を伏せたまま、利用会社とファクタリング会社だけで完結させる2社間取引が登場しています。
手数料は2社間取引のほうが高額になる傾向があるのは留意するべきでしょう。

当サイトが厳選して選んだお勧めの記事です。

取引

ファクタリング取引では取引先に対して有する売掛金債権を売買して現金化します。売掛金債権などを利用して現金を調達する方法に...

Read More
比較

ファクタリング会社を利用する事例の大半は、運転資金を工面するためのつなぎ融資の代替にあります。仮に銀行や事業向け融資を手...

Read More
現金

事業を経営するなかで運転資金などの必要性に迫られたときに、従来から一般的な解決策は取引先金融機関から融資を受けるというも...

Read More

気になる記事は見つかりましたか? 他にも記事はご用意しております。