ファクタリングのメリット・デメリットを正しく理解しよう

事業を経営するなかで運転資金などの必要性に迫られたときに、従来から一般的な解決策は取引先金融機関から融資を受けるというものです。しかし銀行などの金融機関から融資を受けるためには、不動産などの担保のための試算が必要であったり、審査を通過するときには経営状況や事業の将来性などが厳しく問われることになるので審査を通過できない可能性があります。また最近では銀行の貸し渋りなどが顕在化しており、財務状況が悪化していたり税金滞納などがあると、まず融資を受けることは出来ません。このような厳しい経営状況であっても資金調達を可能にするのがファクタリング取引です。

現金

ファクタリング取引自体は世界的に見れば歴史がありますが、日本に紹介されたのは1970年ごろで、利用者が増加しているのもここ10年ほどのことです。それではファクタリングを利用することのメリットとデメリットにはどのようなものがあるのか。まずファクタリングの最大のメリットは、現金を手にするまでの迅速さです。最短では半日程度の時間で入金される会社もあるほどです。またファクタリングは融資ではなく、あくまで取引先に対する売掛金債権の売買です。売掛金が確かに存在し、取引先の信用性さえ確認できれば、利用会社の経営状況や財務状況などに問題を抱えていても、ほぼ審査を通過することが出来ます。銀行融資を断わられた場合でも現金を獲得する機会が存在するのは、経営者にとって心強いといえるでしょう。

そして債権の帰属先を変更してしまうので、未回収のリスクに直面しても利用会社が保証責任を負担する必要がないのもメリットです。そして融資でないことから、バランスシートの上でも負債に計上されることはなく、売掛金が減少するだけなので財務状況の悪化を防止できます。しかしファクタリング取引を利用することにはデメリットがあるのも確かです。

利用するにあたっては、手数料負担が発生します。利用会社は手数料を控除された現金を手にするわけですが、手数料が高い場合はそれだけ入金される金額も少なくなります。ファクタリング取引には2社間と3社間とR引きの二修理がありますが、3社間取引をでは取引先にファクタリング取引を利用することが発覚します。取引先に信用面での不安を与えるのを回避するには、2社間取引を利用することになりますが、手数料は2社間のほうが嵩むことになります。ファクタリングは利便性と手数料負担との兼ね合いで、利用の可否を判断するのが重要です。

「ファクタリング」の記事について紹介しています。合わせてご覧ください。
比較
ファクタリングの会社選びで注意することは?トラブルもある?

ファクタリング会社を利用する事例の大半は、運転資金を工面するためのつなぎ融資の代替にあります。仮に銀行や事業向け融資を手がける金融機関などを...

記事を読む

契約書
ファクタリングの手続きに必要な書類は?

ファクタリング取引を取り扱う場合、原則として経営者などが店舗に足を運んで審査や手続きを進める必要があります。最近ではインターネットや電話など...

記事を読む

取引
ABL(売掛債権担保融資)とは?ファクタリングとの違いも解説します

ファクタリング取引では取引先に対して有する売掛金債権を売買して現金化します。売掛金債権などを利用して現金を調達する方法に、ABL(売掛債権担...

記事を読む


気になる記事は見つかりましたか? 他にも記事はご用意しております。