ファクタリングの一般的な利用額や利用ケースとは?

ファクタリングは取引先に対して保有する売掛金債権を支払期日前に売買して現金化するという取りH機です。取引額は数十万円から上限は5000万円程度になっていることが多いようですが、都市銀行系などの資金繰りが豊富な会社では3-5億円もの取引に対応している場合もあるようです。このように取り扱い金額にはかなり幅があるものの、実際の利用額の平均額は250万円ほどとされています。実際の取引は500万円以下の金額で行われていることが大半だそう。

もっとも平均利用額250万円と言う数字は、取引されている業種の全ての数次を平均化したものです。そもそも業種によって仕事の単価はかなり異なります。飲食業などでは客単価は、1000円ほどのことも珍しくありませんが、建設業では大型の施設になれば数億円以上の債権が発生するのはよくあることです。原則としてファクタリング取引は、ひとつの売り掛け先に対して一つの取引が原則です。

そのため顧客単価の違いはファクタリング取引の債権額に反映されます。建設業や製造業など事業規模が大きい会社では、取引額の上限を目安にして利用先を検討する傾向があります。これに対して小売業や飲食業などでは顧客単価が低いので、取扱金額の下限を目安にすることが多いようです。

カレンダー

ファクタリングは実質的には、銀行など融資に代替する意味合いを持っているので、大口の金額での利用ケースもあるようにも思えます。しかし実際の利用ケースで典型的なのは、少額のつなぎ融資の代替として利用されているのが一般的です。例えば新規に事業を立ち上げたものの、売掛金の支払いまでに二ヶ月ほどの猶予があり、人件費や資材費などの運転資金を工面するのが一時的に難しい異様なシチュエーションでファクタリングを利用するケースが大半を占めているようです。

運転資金捻出のための利用ケースが多いのは、中小企業を巡る経営上の特性が関係しています。中小企業などでは流動資産のキャッシュフローが不足気味で、売り掛け先からの入金で支払いなどに当てる向きが少なくありません。いくら売掛金債権をバランスシート状で保有していても、事業活動を継続するための現金が不足すると黒字経営でも一時的な資金繰りの悪化で倒産してしまう可能性は決して低くはないわけです。そのためわずかでも売り掛け先からの入金が遅れるだけで経営危機に直面するリスクがあります。そういった事情が関係して比較的少額のファクタリングの利用ケースが多いわけです。

「ファクタリング」の記事について紹介しています。合わせてご覧ください。
スピーディー
「GCM」ファクタリングサービスの特徴や評判は?

株式会社GCMは東京都中央区銀座に本店を構えるファクタリング取引を手がける会社ですが、経営改善や資金調達などのコンサルタントも提供しています...

記事を読む

介護
「ビートレーディング」ファクタリングサービスの特徴や評判は?

株式会社ビートレーディングは東京都に本店を構えており、大阪と福岡に視点を置くファクタリング」会社です。2社間取引・3社間取引対応しており、主...

記事を読む

電話する女性
「えんナビ」ファクタリングサービスの特徴や評判は?

株式会社インターテックが運営している、えんナビは業界に登場してまだ日が浅いファクタリング会社ですが、来店不要で取引をインターネット経由で完結...

記事を読む

現金
ファクタリングのメリット・デメリットを正しく理解しよう

事業を経営するなかで運転資金などの必要性に迫られたときに、従来から一般的な解決策は取引先金融機関から融資を受けるというものです。しかし銀行な...

記事を読む

比較
ファクタリングの会社選びで注意することは?トラブルもある?

ファクタリング会社を利用する事例の大半は、運転資金を工面するためのつなぎ融資の代替にあります。仮に銀行や事業向け融資を手がける金融機関などを...

記事を読む


気になる記事は見つかりましたか? 他にも記事はご用意しております。