ファクタリングの手続きに必要な書類は?

ファクタリング取引を取り扱う場合、原則として経営者などが店舗に足を運んで審査や手続きを進める必要があります。最近ではインターネットや電話などで審査などを完結させる会社も登場していますが、各種の書類を揃えて提出することは必須です。ファクタリングを利用するときに必要になる用紙には何があるのか、必要なものを御紹介します。まず商業登記簿謄本と印鑑証明書を用意する必要があります。これは会社などの事業体が確かに存在することを公的に証明する必要があるからです。またファクタリングを利用するときには各種の書類に押印する必要がありますが、その際に押印するのは法務局に登録された実印であることが必要です。そこで押印された印鑑の陰影が一致していることを証明するために印鑑証明書も必用になるわけです。

契約書

ファクタリングは売掛金債権を売買するので、前提として確かに取引先とのこれまでの取引内容を確認することが必須の作業になります。そこで必須になるのが取引先との基本契約書です。契約書が無い場合は代替の書類を求められる場合もあります。例えば個々の請求書や発注書などがあります。これらの書類で売掛債権の入金の確認や、継続的取引関係の推認などに役立てることも出来るからです。

そして過去の取引経緯を確認する上で重要な書類が、過去の取引先からの入金が確認できる通帳などです。そして利用会社の決算書や確定申告書など、会社の業績を確認できる書類も用意します。決算書は直近三年分を用意すれば賄えます。もっとも銀行融資の場合におけるほど重要視されない傾向があります。売掛金債権を有する取引会社の信用性のほうが重要なためですが、利用者の信用状況も大切なのは確かなので、決算関係の書類も必要なものに含まれます。

ファクタリング取引では、ファクタリング会社と利用社、そして取引先の三社が登場します。なかでも取引先の信用性が利用するにあたっての審査の中心事項になります。取り引きを開始するために必用な書類は取引先との継続的な取引関係の確認と、滞りなく入金されているなどの論点を中心に審査は展開していきます。必要書類はそのため取引先との関係性を立証する趣旨のものが中心になります。そして利用者からは手数料をリスクに応じて決定する必要があるので、利用者の存在を立証し財務状態を証明するためのものを揃える必要があります。ファクタリング取引を円滑迅速にすすめるために、必要なものはすみやかに調達しておくことが求められます。

「ファクタリング」の記事について紹介しています。合わせてご覧ください。
取引
ABL(売掛債権担保融資)とは?ファクタリングとの違いも解説します

ファクタリング取引では取引先に対して有する売掛金債権を売買して現金化します。売掛金債権などを利用して現金を調達する方法に、ABL(売掛債権担...

記事を読む

現金
ファクタリングのメリット・デメリットを正しく理解しよう

事業を経営するなかで運転資金などの必要性に迫られたときに、従来から一般的な解決策は取引先金融機関から融資を受けるというものです。しかし銀行な...

記事を読む

比較
ファクタリングの会社選びで注意することは?トラブルもある?

ファクタリング会社を利用する事例の大半は、運転資金を工面するためのつなぎ融資の代替にあります。仮に銀行や事業向け融資を手がける金融機関などを...

記事を読む


気になる記事は見つかりましたか? 他にも記事はご用意しております。