なぜ株はチャート読みで勝てなくなったのか

なぜ株はチャート読みで勝てなくなったのか

チャート読みでは株で勝てないという源太さんの持論はすでに紹介しました。

本当なのか?ではなぜチャートなんてものがあるんだと、まだ疑っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

ここでは、なぜチャート読みでは勝てないのかについて軽くご説明します。

昔はチャート読みでも勝てた

実は、チャート読みでも株で勝てた時代もあったのです。

ですから逆に今でもチャートにしがみついている自称・講師がいるわけですね。

特に、右肩上がりのバブル相場の時はチャートだけで勝てる人も確かにいたようです。

少し下がっても、持ち続けていればまた値上がり直すことが多かったのも理由でした。

しかし、現在の状況は違います。

AI(人工知能)が騙しを行うようになった

今の時代、チャートは簡単に解析・パターン化ができるため、AIがわざと人間を騙す仕掛けに利用してしまっているのです。

源太さんは大手企業のAIシステムのプログラミングやロジックの相談も受けているので、中身に関してはだいたい分かっていらっしゃいます。そのため、AIシステムが仕掛けているかどうかもすぐに分かってしまうとのこと。

それによれば、もはやチャート読みだけで売り買いするようなやり方では、今の相場では完全に騙されてしまうとのことです。

時代遅れのチャート読みにしがみつく人たち

先ほど話したように、過去にはチャートだけで勝てた時代もありました。そのせいか、その過去の栄光をひきずってしまい、今の勝ちパターンにアップデートできていない人が非常に多いようです。

恐らく、その時代遅れのチャート読みを教える先生たちも、生徒を騙そうとしているというより、本気でまだ知チャートだけで勝てると思い込んでいるのかもしれません。

ですが、本物のプロの相場師はチャートなど全く見ていないと言っても過言ではないようです。

実際、源太さんやその教え子たちは、チャートをいくら見てもシグナルなんて出ていない爆上げ銘柄を見抜いてしっかり稼いでいます。

厳密にいえば全く見ていないわけではなく、単なる位置確認の道具としては利用しているようですが…

アマチュアの常識を捨てないと株では勝てない

もうお分かりかと思いますが、「チャートを読まなければならない」という「常識」を捨てないと株で勝つことはできません。

投資家の中でも95%の人が搾取される側だということは別でお話しました。言うなれば95%の人がアマチュアで、残り5%がプロともいえます。

その5%に入るためには、常識と思い込んでいるものを捨てなければなりません。

少し考えれば分かるように、人と同じことをしていたら勝ち組には回れないのです。

先乗り投資法で、ぜひそのことを実感していただければと思います。

TOPページを見る