株の世界の「闇の不都合な現実」とは?

株の世界の「闇の不都合な現実」とは?

タイトルだけ見るとまるで陰謀論のように思われるかもしれませんが、決してそういう荒唐無稽な話ではありません。

でも、まったく事実を知らない人からすれば陰謀論に近いものがあるのかもしれませんね。私も当然知らなかった人のひとりですが…

相場は意図的に作られている

市場のバイオリズムというものがあります。相場の需給のエネルギーがピークに達する位置・枯渇する位置というものがあり、その相場サイクル・バイオリズムによって転換点(ポイントの日)が定まります。

その市場のバイオリズムを逆手にとって、トレンド変換を意図的に起こそうとする者が「わざとその転換点に事件や事故を起こす」ということがたくさんあるということです。

それこそが株の世界の「裏の闇の現実」なのです。

逆に言うと、相場というのはトレンドを変換させる出来事が必要だということになります。

意図的にある出来事を起こし、市場を落胆させて株価を暴落させるという操作を行うということです。その出来事は主体者の都合で仕掛けられることが多いとのこと。

こういった裏の大人の事情を知らずにチャートだけ見ていることがいかに無意味かということが分かりますね。

逆に、インサイダー情報などを知らなくても主体者の都合や転換点を知っていれば当然勝てるということにも繋がります。

源太カレンダーで「ポイントの日」を知る

この転換点(ポイントの日)を知ることができるのが、源太カレンダーの強みです。

転換点となる出来事は主体者の都合で仕掛けられることが多いから、ポイントの日と合致しやすくなります。

要は。源太カレンダーのポイントの日はたまたま偶然に生まれているわけではなく、エネルギーの増減・市場のバイオリズム・過去の主体者の動きなどを総合して導き出しているから、当たる確率が高いのです。

このような「運用者の都合」「運用者のスケジュール」「わざと出来事を発生させている裏の大人の事情」があることを知ってしまった今、あなたはそれでもチャートに頼った株の運用ができるでしょうか?

株を始める前にこれを知ることができた私は、なんて幸せなんだろうとすら思ってしまいます。

先乗り投資法を使えば、運用者の都合や運用のスケジュールを重視し、儲けやすい時期に儲ける銘柄で大きく利益を伸ばすことができます。

こんな情報が無料で手に入ること

源太さんもおっしゃっていますが、これだけの話でも一般には出回っていない超極秘の裏の闇の情報であり、お金を取っても十分いい位だと。

これをこんなところに書いてしまって、大丈夫なんでしょうか私…

もしかしたら明日には消されているかもしれません(私が)…

…というのは冗談としても、すでに十分すぎるくらいの情報だというのは間違いないと思います。

TOPページを見る