先乗り投資法と他の手法の評判を比較

先乗り投資法と他の手法の評判を比較

株式投資には様々な運用手法が存在しており、先乗り投資法もそのうちの1つです。

私は先乗り投資法のおかげで稼ぐことができていますが、少し前に「波乗り投資法」という投資手法が流行したことをご存知でしょうか。

多くの初心者を稼がせ、また各種メディアや雑誌、ネット広告で宣伝されていたので、知っている人もいるかと思います。

今回は、この「波乗り投資法」のメリット・デメリットを、それぞれ「先乗り投資法」と比較してみたいと思います。

先乗り投資法公式HP

波乗り投資法のメリット・デメリット

以前、巷で話題になった投資法「波乗り投資法」のメリットは、圧倒的な勝率だと思います。

考案者の下山敬三氏は、株式投資において7年間無敗という驚異的な成績を持っており、そのノウハウを開示することで、大きく集客に成功していました。

初心者でも勝てるようになると聞けば、誰だって興味を持ちますし、また勝率という観点で言えば、先乗り投資法以上のものでしょう。何しろ勝率100%です。

しかしその一方で、投資手法としては致命的なデメリットを持っていました。

それは再現性に欠けるというもので、波乗り投資法をマスターして稼げるようになる人もいれば、一向に効果が出ない人もいる…。

私も実際に試したわけではないですが、おそらく個人の技量やセンス、多くの資金や忍耐力など、様々な要素が問われてくるような手法だったのではないでしょうか。

また、このデメリットについて言及している口コミ・レビューも複数件見られましたので、次節にて紹介したいと思います。

波乗り投資法の口コミ・レビュー・評判

波乗り投資法は、ネット広告などで大々的に宣伝されていたので、何も知らない人からすれば、評判の投資法に映ったのはないでしょうか。

しかし口コミ・レビューは、リアルな意見を反映しており、次のようなコメントが多く見られました。

・いくら勉強しても勝てない。勝てても運要素が強い。

・勝率が高いと言っても、所詮は塩漬け。いつか大損喰らう。

・体験セミナーに参加した時は凄いと思った。ただ冷静に考えれば、かなり難しいと感じる。

・この手法で勝てる人もいるかもしれない。が、初心者が始めていきなり稼ぐのは無理。

・広告で気になってやってみたけど、稼げたのは最初だけ。安定して稼げるかは怪しい。

これらの口コミを見て、皆さんはどのように感じたでしょうか?

誤解のないように再度お伝えしますが、波乗り投資法で稼げている人も確かにいます。

しかしその反面、稼げていない人もいるようなので、やはり投資手法において再現性は重要と言わざる得ません。

波乗り投資法と先乗り投資法の大きな違い

波乗り投資法の口コミでは、実践しても継続して稼ぐことができない、といった旨のコメントが多く見られました。

塩漬け戦略との書き込みもあったので、おそらく含み損を抱えても、含み益に転じるまで待つのが大筋の戦略だと感じます。

しかしそれでは銘柄を保有し続ける必要があり、資金が拘束されてしまいます。

塩漬けの銘柄が増えるたびに、どんどん資金が拘束されていくので、新たな銘柄を開拓することができません。その結果として、余程資金に余裕がない限りは稼げない…というわけではないでしょうか。

一方で先乗り投資法は、普通に損切りも行います。

銘柄がプラ転するまで持ち続けるのではなく、複数の銘柄全体で期待値プラスを狙った投資手法なので、リターンも資金の回転率もグッと良くなるでしょう。

また難しい勉強も不要で、必要なのは『源太流三種の神器』を使いこなすだけ。

たとえ躓いても、無期限に回数無制限で質問できるサポート環境や、参加者同士のコミュニティで意見交換できるので、常に成長できる環境が整っています。

人それぞれ重視するものは異なるかと思いますが、「波乗り投資法」のデメリットを喰っている先乗り投資法を選ぶ方が、稼ぎやすいということに疑いの余地はありません。

口コミや評判が気になったら、他の手法も調べるべき

皆さんからすれば、先乗り投資法もネットの情報の1つに過ぎないので、色々勘繰ってしまうこともあるかと思います。

本当に稼げるのか、自分でもできるのか、最初はやっぱり不安に感じますよね。

そんな時は今回のように、類似した手法やサービスと比較することによって、自分に向いているのか検討してみることをお勧めします。

例えばテレビを購入するときでも、パナソニック・ソニー・三菱電機など、色々な選択肢を検討しますよね?

それと同じで今の自分が求めているものを満たしてくれるのか、高い勝率なのか、利益率なのか、再現性なのか、目的に合わせて選んでみるといいでしょう。

そして本サイトでお伝えした先乗り投資法が、少しでも皆さんの希望に添えるものであれば、私としては嬉しい限りです。

先乗り投資法公式HP
先乗り投資法公式HPへ TOPページを見る