ABL(売掛債権担保融資)とは?ファクタリングとの違いも解説します

ファクタリング取引では取引先に対して有する売掛金債権を売買して現金化します。売掛金債権などを利用して現金を調達する方法に、ABL(売掛債権担保融資)という取引形態も存在しています。取引対象が同じで資金調達に活用されるなど、類似点が多いですが債権の売買と担保設定という形式の違いから異なる点も色々あります。ABLとファクタリングとの違いはどこにあるのでしょうか。

取引

ABLとは売掛金債権や動産などを担保に、売掛金保有貸家が資金調達会社から融資を受ける取引です。融資を受けるには不動産を多安保にしたり、経営者が保証人になるなど使用できる場面が限定されていましたが、ABLを選択すれば不動産などを保有していない場合でも融資を受けるための担保を用意することができるメリットがあります。

これに対して、ファクタリングではファクタリング会社が売掛金債権を買い取り、手数料を控除した金額の現金を入手することが出来ます。ファクタリングとの違いは債権債務関係が残るか否かにあります。債権担保融資ではあくまで担保を利用した融資なので、将来的には借金を返済する必要があります。両者の違いが際立つのは、債権の回収に失敗した場合の取扱です。ファクタリング取引ではかりに売掛先が倒産して回収できなくなっても、貸し倒れのリスクはファクタリング会社が負担します。これに対してABLでは売掛金を回収できなくなっても、借主から請求して回収することが出来ます。

このように取引先が倒産したときに未回収の債権を請求することを償還請求権と呼びますが、利用者から見れば取引先のリスクを償還請求権の形で追うことになります。事実上取引先の倒産の保証責任を負担しなければならないのは、債権担保融資のデメリットと言えます。

またファクタリングとABLでは審査通過のしやすさでも違いがあります。ファクタリングでは、何よりも売掛債権の回収のリスクが重視されます。利用者に経営上の不安や税金滞納などがあっても、売掛先の信用力が高ければ審査を通過するのは容易です。これに対してABLはあくまで融資なので、利用者の信用状態が厳しく問われるます。ファクタリングは審査を通過するのが容易なのはメリットといえるでしょう。また、現金調達までのスピード感でも違いがあります。ファクタリングでは即日入金も可能ですが、ABLでは担保となる債権などの評価に時間を必要とします。

2-3週間ほどの時間を要するのは、債権担保融資のデメリットと言えます。

「ファクタリング」の記事について紹介しています。合わせてご覧ください。
契約書
ファクタリングの手続きに必要な書類は?

ファクタリング取引を取り扱う場合、原則として経営者などが店舗に足を運んで審査や手続きを進める必要があります。最近ではインターネットや電話など...

記事を読む

比較
ファクタリングの会社選びで注意することは?トラブルもある?

ファクタリング会社を利用する事例の大半は、運転資金を工面するためのつなぎ融資の代替にあります。仮に銀行や事業向け融資を手がける金融機関などを...

記事を読む

現金
ファクタリングのメリット・デメリットを正しく理解しよう

事業を経営するなかで運転資金などの必要性に迫られたときに、従来から一般的な解決策は取引先金融機関から融資を受けるというものです。しかし銀行な...

記事を読む


気になる記事は見つかりましたか? 他にも記事はご用意しております。